お知らせ

「文化財防火デー」消防訓練を実施

作成日:2014/01/27

 毎年1月26日は「文化財防火デー」です。

 この日は法隆寺の金堂が焼損した日であること、及び1月と2月が最も火災が発生しやすい時期であることから、昭和30年に「文化財防火デー」と定められました。今年は、「第60回文化財防火デー」となり、平成26年1月24日(金)、国の重要文化財でもある本巣郡北方町内の円鏡寺楼門より火災が発生したとの想定で、消防署、北方小学校、北方幼稚園、北方町文化財保護協会等の参加により消防訓練を実施しました。訓練終了後は、西原朗北方町教育長及び後藤完治予防課長が、文化財は今日まで守り伝えられてきた貴重な地域の財産です。火災等の災害から文化財をみんなで守り、後世に伝えていく重要性を伝えました。

  円鏡寺の楼門

 

  消防車両からの放水

 

  西原朗北方町教育長   後藤予防課長の講評