お知らせ

住宅用火災警報器の設置調査の戸別訪問を実施します

作成日:2014/02/04

 当消防本部管内(本巣市、本巣郡北方町)では平成23年6月1日から、すべての住宅に「住宅用火災警報器」の設置が義務付けられています。

 平成26年春季全国火災予防運動が3月1日から3月7日に実施されるのに合わせ、平成26年2月15日から3月7日の間に、住警器の設置状況の把握と今後の普及啓発、普及率の向上及び既に住警器を設置している世帯への適切な維持管理を徹底してもらうため、消防職員が戸別訪問し、玄関先等で聞き取り調査をさせていただきます。

 制服を着用し消防手帳(身分証)を携帯した消防職員が、住警器の設置状況等をお聞きするだけです。消防職員が住宅用火災警報器を販売したり、特定の業者を斡旋したりすることはありませんので、悪質な訪問販売には気をつけてください。

【調査対象】 ・無作為に抽出した管内の100世帯

【住警器の維持管理】

・広報もとす消防第53号の末尾のページを参考にしてください。

        ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。