もしもの時は

応急手当(心肺蘇生法)

心肺蘇生シーン

意識を確認する

  • 傷病者の耳もとで「大丈夫ですか」または「もしもし」と呼びかけながら、肩を軽くたたきながら反応をみます。
  • 呼びかけに対して目を開けるなど何らかの反応があれば「意識有り」。何も反応がなければ「意識なし」と判断します。
  • 交通事故などで、頭や首にけががある場合やその疑いがあるときは、体を揺すったり首を動かしたりしない。
  • 意識があれば傷病者の訴えを聞き、必要な応急手当を行います。

01心肺蘇生(成人)

助けを呼ぶ

  • 意識がなければ大きな声で「誰か救急車を呼んで!」と助けを求めます。
  • 協力者が来たら、119番へ通報してもらいます。この時AED(自動体外式除細動器)も持ってきてもらうようお願いします。
  • 誰もいなければ、次の手順に移る前に自分で119番へ通報します。

気道の確保、呼吸の確認

  • 傷病者の喉の奥を広げて空気を肺に通しやすくします。
  • 片手を額に当て、もう一方の手の人差し指と中指をあご先に当てて、頭を後ろにのけぞらせ、あご先を上げます。
  • 気道を確保した状態で、自分の顔を傷病者の胸に向けながら、頬を傷病者の口・鼻に近づけます。
  • 10秒以内で胸や腹部の上がり下がりを見て、息の音を聞き、頬で息を感じます。
  • 胸や腹部の動きがなく、呼吸音も聞こえず、吐く息も感じられない場合は「呼吸なし」と判断します。

人工呼吸

  • 口対口人工呼吸により息を吹き込みます。
  • 気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差し指で傷病者の鼻をつまみ、自分の口を大きく開けて傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして、息をゆっくりと2回吹き込みます。(写真のような簡易型の感染防護具を持っていると便利です)
  • 1回目の吹き込みで胸が上がらなかった場合は、もう一度気道確保をやり直して息を吹き込みます。
  • 傷病者に傷、出血があり人工呼吸が出来ない場合には胸骨圧迫(心臓マッサージ)のみを行って下さい。

05心肺蘇生(成人)

胸骨圧迫(心臓マッサージ)

  • 2回の人工呼吸が終わったら、直ちに胸骨圧迫(心臓マッサージ)を開始し、全身に血液を送ります。
  • 傷病者の胸の真ん中を、重ねた両手で「強く、速く、絶え間なく」圧迫します。
  • 胸の真ん中(乳頭と乳頭を結ぶ線の真ん中)に、片方の手の付け根を置き、他方の手をその上に重ねます。
  • 肘をまっすぐに伸ばして手の付け根の部分に体重をかけ、傷病者の胸が4~5cm沈むほど圧迫します。

心肺蘇生法の実施

  • 胸骨圧迫(心臓マッサージ)を30回連続して行った後に、人工呼吸を2回行います。
  • この胸骨圧迫(心臓マッサージ)と人工呼吸の組み合わせ(30:2のサイクル)を、救急隊に引き継ぐまで絶え間なく続けます。

AED(自動体外式除細動器)の使用手順

  • 心肺蘇生法を行っている途中で、AEDが届いたらすぐに使う準備を始めます。
  • AEDは電源が入ると音声メッセージとランプで実施すべきことを指示してくれますので、落ち着いて指示に従って下さい。

AEDが到着と準備

  • AEDを傷病者の横に置き、電源を入れます。
  • 以降は音声メッセージとランプ表示に従って操作して下さい。

06心肺蘇生(成人)

電極パッドを貼る

  • 傷病者の衣服を取り除き、電極パッドの粘着面を傷病者の胸部にしっかりと貼り付けます。
  • 貼り付ける位置は電極パッドに絵で表示されています。
  • 肌との隙間を作らないようしっかりと貼り付け、アクセサリーなどの上から貼らないように注意して下さい。
  • 電極パッドを貼り付ける際にも、できるだけ胸骨圧迫(心臓マッサージ)を継続して下さい。

07心肺蘇生(成人)

08心肺蘇生(成人)

心電図の解析

  • 電極パッドを貼り付けると「体に触れないで下さい」などの音声メッセージが流れ、自動的に心電図の解析が始まります。
  • この時、誰も傷病者に触れていないか確認し、「離れて下さい」と注意を促します。

10心肺蘇生(成人)

電気ショック

  • AEDが電気ショックを加える必要があると判断すると「ショックが必要です」などの音声メッセージが流れ、自動的に充電が始まります。
  • 充電が完了すると「ショックボタンを押して下さい」などの音声メッセージが流れ、ショックボタンが点灯しますので、「ショックします。離れて下さい」と注意を促し、誰も傷病者に触れていないことを確認し、ショックボタンを押します。
  • 電気ショックが完了すると、「ただちに心臓マッサージを開始して下さい」などの音声メッセージが流れますので、指示に従って下さい。

11心肺蘇生(成人)

  • 心肺蘇生法を再開して2分ほど経ったら、AEDは自動的に心電図の解析を再び行いますので、音声メッセージに従って下さい。
  • 以後は約2分間おきに「心電図の解析」「電気ショック」「心肺蘇生法の再開」を繰り返します。